REQST blog

今日のレクスト

2024年最新版 “スピーカーが消える” 技(実践編)

このブログの写真付き実践編、メルマガの解説編、ライブ配信イベントの試聴編と合わせての連動企画です。これで “もっとスピーカーが消える” !?

長くレクストを応援していただいている方なら、左右スピーカースタンドの天板後方にR-Pad-CB/CB2クリップ技を導入されているかと思います。この両外側にR-Pad-SSクリップを追加してください。

※ 本日5/24より5月末まで、R-Pad-SSお買い上げの皆さまに専用クリップをプレゼントいたします!

↑ 右chスピーカー

 

↑ 左chスピーカー

 

詳しくは、本日5/24発行のメルマガをご参照ください。

スピーカースタンド底板へのR-Pad-SSクリップ装着などの応用編は、今夜のライブ配信イベントで解説します。お楽しみに!

youtube.com

 

R-Pad-CB2ラスト1個

R-Pad-CB2がラスト1個となってしまいましたので、明日5/24の販売を待たずに買えるようにしました。即納です。

≫【限定生産 / ラスト1個】R-Pad-CB2[1個](ご購入には会員登録が必要です)

 

R-Pad-CB2完売のため、明日5/24のライブ配信イベントのネタが無くなった~と困っていたら、なんとR-Pad-SSの新ポイントを発見! すっごく良いです!!!

R-Pad-SSインシュレーターに続き過去のテクニック流用ですが、効果は超猛烈なのでお楽しみに!

最後のR-Pad-CB2、残りわずか!

21個のみ再生産したR-Pad-CB2ですが、先行予約が予想以上に入っており、残り4個しかありません(5/22 17時現在)。明日4/23まで先行予約が可能ですので、ご予約メールをお待ちしております。完売の際はご容赦ください。

 

R-Pad-CB2の最後の入手チャンス!

先週発表しました、2大新技が素晴らしい! そこで、もっと深堀りすべく、フロントのインシュレーターで一部が旧R-Pad-CBだった箇所を、新型R-Pad-CB2に変更。フルR-Pad-CB2インシュレーター化してみました。


これはもう別世界...。目を閉じて聴くと、本当に音楽しか見えないという印象です。いくら探しても、スピーカー後方にあるはずの部屋の壁を感じることができません。そればかりか、スピーカーのバッフル面すら見えてこない!

音楽だけが浮き彫りになる世界観でいうと、旧R-Pad-CBインシュレーターと比べることのできないほど、新型R-Pad-CB2インシュレーターの世界観は深く、より高みの存在であると断言できます。

とはいえ、R-Pad-CB2は完売。私だけこの快感を専有してはいけないと思い、緊急用ストックをかき集めて、なんとかR-Pad-CB2を21個だけご用意できました。

以下、重要情報です。

【重要情報その1】

今週末5/24(金)の正午より、R-Pad-CB2を21個のみ販売します。材料が底をつきたので、これでR-Pad-CB2は生産完了とさせてください。これがR-Pad-CB2入手の最後のチャンスです!

今回のR-Pad-CB2×21個は、5月10%OFFクーポン対象です。しかも5月限定インシュレーター支柱をプレゼントします。

ここからが重要。どうしてもR-Pad-CB2をゲットしたいというお客さまに、特別フライング枠を設けます。このブログまで目を通していただいている皆さまへのお礼です。

『R-Pad-CB2希望』というタイトルでメールをください。希望個数もお忘れなく。別枠でR-Pad-CB2を確保させていただきます。別枠確保分の締め切りは5/23(木)です。

万が一、別枠予約のみでR-Pad-CB2×21個が完売した場合は、どうぞお許しください。

 

【重要情報その2】

インシュレーター支柱パーツが少なくなってきました。予定通り、支柱プレゼント企画は5月末で終了いたします。支柱のみの有償販売も予定しておりません。どうぞご了承ください。

次回の支柱プレゼントキャンペーンは、おそらく今年の冬くらいでしょうか。R-Pad-SSとR-Pad-CB2でインシュレーター技を導入してみたい方は、5月末までにご検討ください。

──────────────

新技のSS & CB2 フル装備インシュレーターのコツは、とにかく突っ張りすぎないこと。少しでも音が固くなったと感じたら、ネジを緩めてください。擦るか擦れないかのギリギリを狙います。

もうひとつのコツは、3分ほど経ってからジャッジメントすること。変化が大きいので、支柱設置直後にはホログラフィー再現が完璧には展開しません。夢のような立体的音楽体験は、少し時間が経ってからご堪能いただけますので、慌てずじっくりと試聴をスタートさせるのをお薦めします。

限られた皆さまだけの体験となってしまいますが、R-Pad-CB2とR-Pad-SSのインシュレーター・フル装備で、ぜひ夢の音像体験を!

──────────────

※ 明日5/21と明後日5/22は事務所に不在のため、メールのお返事などは5/23(木)以降の対応となることをお許しください。

 

 

 

 

2大新技、公開(実践編)!

2大新技は、メルマガとブログの連動企画で大発表!
このブログの写真付き解説編と、メルマガの解説編を合わせて、2大新技をゲットしてください。

【新技その1は、R-Pad-SSインシュレーターをリアに追加!】

↓ まず、機器フロントの中央にR-Pad-SSインシュレーターを設置。コツは、支柱で機器を支えないこと。ネジが触れているだけくらいに高さ調整してください。


↓ R-Pad-CB/CB2をお持ちの方は機器フロントの中央あたりに設置し、その右横にR-Pad-SSインシュレーターを追加設置します。


↓ 次が本日の新技のメイン。機器リア側の中央あたりにR-Pad-SSインシュレーターを追加設置します。ラック状況によっては、背面へのアクセスが困難かと思いますが、その苦労が報われるに十分なグレードアップ効果が得られますので、ぜひチャレンジを!

解説は、本日5/17発行のメルマガをご参照ください。

※ 追記:プレーヤー/N-70AE と DAコンバーター/DAC-NS1S と アンプ/A-0の場合、リア側R-Pad-SS支柱は全て “S” サイズでOKです。

 

【新技その2は、R-Pad2とR-Pad-SSを重ねて天板へ!】

↓ 使用するのは、R-Pad2とR-Pad-SS。両方ともレゾナンス・チップ・ファイナルエディション・スペシャルで強化しておく(赤丸印)のが発動条件です。


↓ 次の発動条件が重ね方。R-Pad2とR-Pad-SSが十文字に交差するように重ねます。R-Pad-SSの革パッドが、R-Pad2に平均して中央あたりにくるようクロスさせるのがポイントです。


↓ 十文字にクロスさせて2枚を重ねた状態のまま、機器天板の中央あたりに設置します。発動条件は面倒ですが、天板に導入は置くだけなので簡単です。この十文字型重ね技は、様々な応用が考えられます。従来のR-Pad2 + R-Pad-SSの横並べ置きよりも上位効果が期待できますので、積極的に変更してみてください。

新技その2の解説も、本日5/17発行のメルマガをご参照ください。