REQST blog

今日のレクスト

R-Pad-CB2ででスピーカー攻略!

スピーカーの潜在能力を引き出す新特級技! その鍵はR-Pad-CB2で、鍵穴はスピーカーターミナルのマイナス端子でした!!

スピーカーターミナルに差し込む場合のR-Pad-CB2のオモテウラ向きは、上の写真をご参照ください。革パッドの切り欠き穴が、スピーカー背面から見える感じです。

ターミナル端子に装着できない場合は、Yラグでもスピーカーケーブル線でもかまいません。できればスピーカーケーブルのマイナス線と導通的に接触するようR-Pad-CB2をセットしてください。

旧R-Pad-CBをスピーカーターミナルにフル装備している方も多いと思います。その場合、ターミナルのマイナス端子側の旧R-Pad-CBだけを撤去し、新型のR-Pad-CB2へ入れ替えてください。

下の写真のように、レクストのリファレンス・スピーカーの場合、ターミナル付近は制振対策がてんこ盛り。これでもやり過ぎにならないのが、R-Padシリーズの制振がハーモニーとなるよう開発できている証拠でしょう。

マイナス端子側のみ、R-Pad-CB2とR-Pad-SSの超合体技を導入してあります。超合体技ではターミナル端子に挿入するのは困難ですから、イベントでの作業時間を考慮して、バナナ端子に引っ掛けるように取り付けました。将来的にはYラグに超合体技を固定する予定です。

その効果たるや!

必殺のスピーカー端子。しかもR-Pad-CB2のミラクルな効果から想像すると、それはそれは凄いことになるだろうと予測はしていました。それでも「あっ!!!」と声を上げたほどのサウンドが飛び出しました!

スピーカーケーブルへのR-Pad-CB2でも、コンサート最前列からVIP席へ案内された気分でしたが、またまた上には上の超VIP席があった!? 

サウンドステージは更に広がり、音楽はよりエモーショナルにリアルに。スピーカーがワングレードアップした・・・といったような陳腐なワードでは語れません。愛聴盤から放たれる新しい生命感あふれるエネルギーに、ただただ酔いしれていた。そんな気分です。

大袈裟かどうか、今夜のライブ配信イベントで一緒にジャッジメントしてみましょう! お会いできるのを楽しみにしております。

USBメモリ × R-Pad-CB2 の衝撃!

R-Pad-CB2が凄すぎた!

私は仕事柄、CD規格にはじまり、ハイレゾやアナログレコード、デジタルマスター音源、アナログマスターテープ音源まで様々なサウンドを体験してきました。その経験値からでも間違いなく現時点で最高音質だと確信したのが、この “USBメモリ × R-Pad-CB2” 技!

私達は音質比較と言いながら、もしかすると音楽エネルギー量を求め渇望していたのかも? 圧巻の躍動サウンド。ほとばしる愛聴盤の音色に、「もしかすると触ることができるかも?」と思わず手を伸ばしてみる。

オーディオで初体験できる音に出会えるのは、そうそう機会がないものです。その瞬間が、“USBメモリ × R-Pad-CB2” 技を試したときに訪れました。

レクスト・チューニングのUSBプレーヤーをお持ちの皆さまは、必須のバージョンアップという認識でOK。速攻、お試しください。

USBメモリ再生の環境でなくとも、HDDやSSD再生にも応用できそうなR-Pad-CB2技。USB端子の金属部分にR-Pad-CB2を接触できればパーフェクトです。無理なら樹脂端子部分でも効果アリ。

勘どころは、R-Pad-CB2装着位置。USBメモリの場合は上流にR-Pad-CB2を設置するほうが好印象でした。写真の2番よりも1番が試聴結果が上です。何かヒントになれば。

あまりに超絶ポイントでしたので、贅沢にもR-Pad-CB2+レゾナンス・チップ・ファイナルエディション・スペシャルのフルパワー仕様で採用しました。

昨日のブログの『3選』に続き、“USBメモリ × R-Pad-CB2” 技の発表です。先行して出し惜しみせずご紹介しているということは、まだ本命が金曜日に控えているということ(笑)。

明後日4/19(金)正午からのR-Pad-CB2ラスト販売、そして19時スタートのライブ配信イベントをご期待ください!

絶対にR-Pad-CB2へ交換すべき3選!

今週4/19(金)のライブ配信に向け、R-Pad-CB2をガチ試聴中。もちろん新ポイント的な凄いのもこっそり用意しているのですが、地味ながら超効く大爆発ポイントの発見もありましたので、先にご紹介しましょう。

題して『絶対にR-Pad-CB2へ交換すべき3選!』。

ひとつめは、“スピーカースタンド底板のネジ” ポイント。地味すぎる場所ながら、レクストのリファレンス・システムでも旧R-Pad-CBを固定していた好ポイントでした。

何気なく新型R-Pad-CB2へ換装したら大化け! もう別のスピーカーが鳴り出したのかと思えるほどの激変でした!!!

フロア型スピーカーのスパイクに旧R-Pad-CBを装着しているなら、ぜひとも新型化を試してみるべきです。

次は、“スピーカースタンド天板に小型クリップ止め” ポイントです。底板の激音質向上に気を良くし、二匹目のドジョウ狙い。案の定、見事に二匹目ゲット!

なにがなんだか分かりませんが、スピーカーから濃厚で広大なサウンドが溢れ出してきます。見栄えは良くないし、こちらも超地味ポイント。ですが、このグレードアップに抗える音楽好きなど存在するわけはありません。即採用!!!

最後は、“セレクターノブの支柱” ポイント。ボリューム側は、もちろん必殺ポイントですから超合体技を投入しています。セレクターは、これまた地味系ポイント。超合体技を試すには手持ちR-Pad-SSが足りないので、とりあえずR-Pad-CB2でチャレンジしてみると・・・。

これも戻れぬ超音質向上。R-Pad-CB2の面白さは、地味なヒット打球の中に、超特大ホームランが潜んでいるところ。チューニングの腕の見せどころというか、久しぶりに宝探しの大冒険です。

R-Pad-CB2の限定ラスト100個は、今週4/19(金)の正午より、まず50個の販売を行います。増やす枚数をご検討いただくためにも、手持ちR-Pad-CB2をお持ちなら、事前にこれら3選ポイントは追試しておいていただけると嬉しいです。

R-Pad-CB2のラスト販売と新発表ポイント大公開の金曜まで、あと少しだけお待ちを!

凄いぞ、超合体技!

迷走していたライトニング端子の音質改善は、超合体技で大解決!

写真では分かりにくいですが、ケーブルが通っているのはR-Pad-CB2のみで、R-Pad-SSはR-Pad-CB2の穴に差し込むように装着します。R-Pad-CB2とR-Pad-SSの向きは、REQSTロゴが外-外になるように、切り欠き面を向かい合わせます。

この週末、今までのオーディオ人生で聴いたことのないサウンドで愛聴盤を楽しめました。猛烈な解像度でありながら、轟音。低音が~高音が~というレベルの話では無くなってしまいました。

あぁぁ、この音はこういう感情を伝えたかったのか~と感心することしきり。何十年と聴き続けた愛聴盤と出会い直せた週末でした♪

 

超合体技、発表!

本日のメルマガは発行が遅れております。申し訳ございません。

内容は、R-Pad-SSと旧R-Pad-CBで行っていた合体技を超える、R-Pad-SSと新型R-Pad-CB2の新合体技についての発表です。あまりの大爆発サウンドに、“超合体技” と名付けました。メルマガをご期待ください。

また、R-Pad-CB2を更にパワーアップできる内容もメルマガに書きます。残念ながら、R-Pad-CB2はレゾナンス・チップ・ファイナルエディション1での1.5倍技はできませんでした。しかし、レゾナンス・チップ・ファイナルエディション・スペシャルでのグレードアップは可能! ただいまサウンド・レビュー中。

レゾナンス・チップ・ファイナルエディション・スペシャルも、R-Pad-CB2発売記念クーポン対象商品に加えました。ぜひご活用ください。

この週末にR-Pad-CB2でR-Pad-SSとの超合体技を試してみたい方は、4/12の15時までのご注文ならば当日発送で承ります。メルマガ発行がまだで、告知が遅れてしまいました。どうぞお許しを。

R-Pad-CB2は残り在庫が少なくなっていますので、お急ぎください!

 

新合体技でキツさが発生!

昨日ご紹介したこの写真、ライトニング端子に試したR-Pad-SSとR-Pad-CB2の新合体技でトラブル発生。曲によって高域のキツさが感じられました。

R-Pad-CB2とR-Pad-SSの前後を入れ替えたら、とりあえず落ち着いたので、昨夜はその状態でリスニング。R-Pad-CB2が下流が良いかと思ったのですが、順序はベーシックなR-Pad-SS下流が良いのかも。

配信でも新合体技を試したのは、R-Pad-CB2とR-Pad-SSのボリューム下のみ。信号系の新合体技は、もう少し検証が必要なようです。近日中にチェックします。

キツさを感じたら、とりあえず新合体技は保留してR-Pad-CB2とR-Pad-SSはセパレート使用に戻してください。セパレート使用なら、R-Pad-CB2が下流になるように設置するのがポイントです。

新合体技は効果が強すぎるようで、まだまだ要研究です。とはいえ、こういうときにこそ、新しい音の世界という次の扉が開くチャンスなことが多いのです! 楽しみ~♪

【追記 4/15】
迷走していたライトニング端子の音質改善が超合体技で大解決!
≫ 『凄いぞ、超合体技!』